« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/31

スライドショー

先日浅草のスライドショーを作られた生徒さんが、スライドを修正しました。

音楽を変更して、写真の表示時間を延ばしてみました

ごらんください

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/22

新社会人さん、学生さん割引

4月から社会人としてデビューされる方

または学生さん対象に割引サービスを行っています

2012

対象の方は期間中、入会金半額とさせて頂いております

この機会に新社会人のかた、学生の方御利用下さい

期間:2012/1/20~3/31

宜しくお願い致します

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/12

生徒さんが作ったイラスト

お正月休みに生徒のKさんが、ワードでたくさんイラストを作って来てくれたのでご紹介いたします。

かわいいイラストをたくさん作られてきました

002_2

003_2

Kさんは教室でも高齢のほうの方なのですが、習ったことを一生懸命練習して

自分のものにしてしまう姿勢には毎回頭が下がります。

大きく印刷して教室に飾らせて頂きました。Kさんありがとうございます

001

| コメント (1) | トラックバック (0)

2012/01/10

ムービーメーカーでスライドーショー

お正月に浅草へ行かれた生徒さんが、撮影してきた写真を使ってスライドショーを作りました。

ムービーメーカーというウィンドウズについている無料のソフトで編集しています

ごらんください

次回は映像(動画)を使って作りたいと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/08

差し込み文書でラベル作成

ワードの差し込み文書機能を使って宛名ラベルを作成する手順

エクセルで次のような住所録を作成して保存しておきましょう

01_2

ワードを開き 差し込み文書タブをクリックし ラベルをクリックします

02_2

宛名ラベルの作成 ウィンドウが表示されたら オプションをクリックします

03_2

ラベルオプション画面より、自分が作りたいラベルの製品番号を選択しOKをクリックします

04_2

宛名ラベルの作成ウィンドウから 新規作成 をクリックします

05_2

目的のラベルのレイアウトがワードで作成されます

06 

差し込み文書 タブをクリックし 差し込み印刷の開始 ラベル とクリックします

065_2

次に差し込み文書タブの 宛先の選択 既存リストを使用 と進みます

07_2

ファイル選択画面が表示されたら、保存したエクセルの住所録をダブルクリックします

08_2

住所録データを入力したシート(Sheet1)をクリックし OKをクリックします

09_2

一番最初のラベル(左上のラベル)に 差し込み文書タブから 差し込みフィールドの挿入 をクリックし 郵便番号~住所~氏名 の順に入れていきます

10_2

左上のラベルに 郵便番号、住所、氏名 が入ったら、見やすいように調整しましょう
(郵便番号と住所は少し右に寄せて、氏名は少しフォントを大きくし後ろに様と入力しましょう)

11_2

再び 差し込み文書タブ をクリックし 複数ラベルに反映 をクリックしましょう

13_2 

左上のラベルにしか入っていなかったデータが 全てのラベルに反映されます

14_2

最後に差し込み文書タブをクリックし 結果のプレビューをクリックしましょう

15_5

全てのデータがラベルに反映されました

16_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/06

パノラマ合成

あけましておめでとうございます

本年もパソカレッジ福生教室を宜しくお願い致します

お正月にスカイツリーの写真を撮影してきました

少し離れた橋の上から撮影すると川にスカイツリーが映って逆さスカイツリーが撮影できるポイントがあります、そこへ行って撮影しました。

しかしながら、スカイツリーが高すぎて逆さスカイツリーの全景を収めることが出きません

042_2
どのような位置から撮影してもこのようにツリーが切れてしまいます

なんとか収めるために次のような2枚の写真を用意して合成写真を作りました

040_2   034_2

合成してスカイツリーの全景を収めてみました

完成品!

Photo_2

なかなか迫力のある写真になりました

印刷はA4で縦に2枚に印刷して貼り合わせてみました

049_2

ちなみに撮影はスマートフォン(I-Phone)のカメラで撮影しています

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »